ワキのムダ毛を脱毛テープで脱毛するのは、なかなか勇気がいるものです。 粘着力の強い脱毛テープをワキの下に貼り、一気にはがすのですから、かなりの痛みを伴います。 それに、汗などの水分を拭き取り、隙間ができないようにぴったりと脱毛テープを貼るのも、脚や腕と違ってやりにくいでしょう。 ワキの毛があまりに剛毛だと上手く抜けないこともありますし、脱毛テープをはがしたところが赤くなってしまうこともあります。 埋没毛ができてしまったり、毛穴が盛り上がって鳥肌のようになる方もいるみたいです。 また、ある程度の長さがないと抜けづらいので、常にツルツルのムダ毛のないワキをキープしたいという方には不向きかもしれません。 ただ、一度処理するとしばらくはムダ毛が生えてきませんし、ごそっと抜ける感じがたまらないという愛用者もいます。 必ずしも全ての方に合う方法ではありませんが、痛みに強い方なら一度やってみてもいいのではないでしょうか。 脱毛テープを貼って、はがしてくれる方が身近にいれば、手軽でいい方法かもしれませんね。